by オリテコ代表中谷信彦

アプローチは違えど到達点は一緒。

ドリチャギの蹴る意識を根底から変えて欲しくての、今週の「体重を預ける」練習。我ながらいい稽古だと自画自賛ですが。。今週来たみなさんいかがでしょう

コレできるかどうかが、初級•中級レベルの試合でポイント取りまくるかゼロ点かの分かれ目になると思います

ブログには詳しく書きませんので知りたい方は稽古にどうぞ。

 

ま、軸足返すだの膝裏見せるだの膝スルだのボール載せるだのカラダくの字だの小指側だけだの、いままでいろいろゆうてますが。。。

行き方が違うだけで到達点は一緒なんです。どの説明でハマるか体得するかが人によって違うだけ。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter でフォロー

アーカイブ