by オリテコ代表中谷信彦

回転系の蹴りへの対処は? オルグル蹴ってくる相手への対処 は?

高松稽古。

キッズクラス、基本メニューに加えて、プムセ太極1章の、4動作目まで。次までに覚えてたら、5動作目に入ります。キョルギでは、「できるようになった技を、すぐ使ってみる!」ができました(^^) 毎回やってみよう。

ジュニアクラスでは、回転系の蹴りをやってくる相手への対処方法と、オルグル(上段)を蹴ってくる相手への対処方法を、解説。言えるかな? 言えるかな? 言葉にできない技は、できません。まずは、技の名前や、言われたテクニックの名前を、覚えること。覚えたら、できるようになっていきます。覚えられない人は、テコンドーノートを作って、毎回先生に言われたことをメモしよう。次回稽古前に、読み直してみる。

大人クラス、カウンターを中心に練習。カウンター技ができたら一気にテコンドーが面白くなります。キョルギで積極的に使ってみましょう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter でフォロー

アーカイブ