by オリテコ代表中谷信彦

模擬審査、受けましょう。

2017.06.01

この記事では、模擬審査の重要性について書きます。

今回の春の昇級審査の結果と、1か月前の模擬審査の判定を、リストにしてみました。

  • 「模擬審査 A 判定」→ 5人中、5人合格(合格率100%
  • 「模擬審査 B 判定」→ 6人中、5人合格・1人不合格(合格率83%
  • 「模擬審査 C 判定」→ 3人中、2人合格・1人不合格(合格率66%
  • 「模擬審査 D 判定」→ 2人中、合格者なし・2人不合格(合格率 0%
  • 「模擬審査を受けていない人」→ 3人中、3人不合格(合格率 0%

おおむね、模擬審査の実力がそのまま昇級審査本番にも出ているといえます。

逆に、厳しい”C”判定(”合格するには実力が不足しています”)だった人でも、審査までにがんばって修正できれば、合格は可能です。

また、模擬審査を受けなかった人の中からは、今回は合格者は出ませんでした。修正点をはっきり把握しきれないからだと思います。

ということで、模擬審査受験は、昇級を目指すうえで、大変重要なイベントだとおわかりいただけたでしょうか。

次回の模擬審査は、9月の第1週を予定しています。8月末までにプムセを覚えるなどしっかり準備をしておきましょう!

関連記事

アーカイブ

Twitter でフォロー