by オリテコ代表中谷信彦

成長と声掛け

なんども書いて来たことですが

今日も心に残る出来事があったので、このテーマで書こうかと。

道場に通う意義、特にジュニアクラスに関しては、テコンドーの技術は実は目的ではなく、手段にしか過ぎません。子供達には面と向かっては言いませんけどね(笑)

参加する子供達の精神的成長が目的であって、それを促したり導いたりしている手段が、テコンドーなだけなのです。

わたしはテコンドー大好きなので、精神的成長がテコンドーを通じてできればこのうえなく嬉しいこと、であると。ただそれだけ。

精神的成長とは、例えば、

弱者を思いやるやさしさ
決めたことをやり遂げる覚悟
困難に立ち向かう決心
先生や先輩を敬う心
他人と共鳴して物事をおこなう協調性
みんなを引っ張るリーダーシップ
心をくじく出来事から立ち直る克己心
仲間を応援して力を与え合うさわやかさ
。。etc

こんなことを、テコンドーを通じて学んでもらいたい。

それが根本にあります。

そうなるよう心掛けながら日々の指導をしているのですが

残念ながらその思いがちゃんと届き切らない例もあります。

私が掛ける声が充分ではないかなと反省もします。。

日々、勉強です。

今日はそれを強く思わされた日でした。

今日かけた声が、その子の心に響いてくれたらいいな。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter でフォロー

アーカイブ