by オリテコ代表中谷信彦

接近戦で足甲と足首をハメるっ!

今日からしばらく、新メニュー。

ドリョチャギモントン(中段回し蹴り)を確実にハメる練習。

ヒザを、めっちゃ、たたむだけなんですけどね。

稽古時に解説したとおり、ちゃんとできたら、オルグル(上段)にも即応用が利きます。

現在のルール、以前にもまして、近距離のドリョチャギが重要になってます。(むかーしからそうだったのが、寄り道して、また戻っただけですけど。。)

距離あわないと、蹴らない。距離が合えばそこで確実に蹴って点を取る。やみくもで雑な蹴りを減らす。

しっかり足甲と足首をぺったりと胴に押し当てていきましょうっ!

以前ブログに書いた気もするけど、わたしは、ボディプロテクターを見たら

ぴったり足甲足首をハメたい発作

に襲われます(笑)

(道場生のみなさんがボディプロテクター装着してるときに発作を抑えきれず、装着中の人の胴に足甲をハメてるの、みたことありませんか(^^;))

ぴったりハメれたら、大したチカラもいらず、音が鳴って気持ちいい、そして高揚感につつまれます。

おかしい?

やっぱビョーキですかね w

テコンドーを長くやり過ぎたかもしれません(^^;)

これも以前書いたかもですが、わたしのハメるイメージ、

「磁石で引き寄せられて勝手にボディプロテクターに足甲が張り付く」

みたいな感じです。

足甲がぺったりついてないと、気持ち悪くてしょーがない。

足が自動的にくっつきに行く、みたいな。。。

ちょっとでも参考になれば、幸いですっ!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter でフォロー

アーカイブ