by オリテコ代表中谷信彦

悲しいです。

ブログにあんまりマイナスなことは書きたくないんですが。。

きょうのキッズクラスとジュニアクラス、稽古に集中できず先生に注意される子が複数いました。

丸亀道場と徳島道場はみんな一生懸命できてるのに、なんで高松はそんな子が多いのでしょうか。。

一生懸命練習できない子はテコンドー辞めたほうがいいです。わたしも無理に続けることを強制したりはしません。ほかに一生懸命になれることをぜひ見つけて欲しいと思います。他に見つかったらそれを心から応援したいです。

(ただし安易に辞めると勉強含めほかの物事を安易にあきらめることを肯定することになるので保護者様の見極めは重要です。お困りごとは遠慮なくいつでもご相談ください)

逆に、才能がなくても、一生懸命練習できる子は、続けたほうがいいです。テコンドー楽しいし、カッコいいし。ほんと。

(わたし自身がその良い例です。大学同期10人の中で下から1番目か2番目に下手くそでしたが、黒帯になれました)

当たり前ですがテコンドーが世の中のすべてなワケでもないです。

ふつうに一生懸命稽古してふつうに人の話を聞けてふつうに周りの人に優しくしてふつうに自分で物事を考えられる人間になって欲しい。

手段はなんだっていいんです。

わたしの場合たまたまテコンドーを通してそれをやっているだけです。

みんなわかって欲しいな。

稽古を一生懸命やると、気分がいいよ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter でフォロー

アーカイブ