オリーブテコンドークラブのブログ

気合の声について

2014.05.31

先月の約束キョルギ、しつこいかなと思うくらいみっちりやった効果を実感する日々。緑帯黄帯レベルの道場生のキョルギ中の動きを見てるとそう感じますね。

約束キョルギはこれからも定期的にメニューに入れたいと思います。

さて、今日は気合(きあい)について。

武道的には発声と気合は厳密には別物であると思われますが、とりあえずスポーツテコンドーとしては”気合”というのは「気合の声」と言い換えても通じる、声の大きさのことだと思ってもらってかまいません。

そしてその声の大きさがすごく大事。昇級審査では気合が充分に大きいことが減点を帳消しにすることもあります。逆に審査で声が小さい場合は、どんなに動作が完璧でも合格にはなりません。

なぜ大事なのかについては、私もひとつこれだという答えを用意しているワケではありませんが、ぜひ一度自分で理由を考えてみてください。その辿り着いた理由をもって私と問答しましょう(^^)

関連記事

アーカイブ

Twitter でフォロー